Menu

診療内容

Home

ワクチン

わんちゃんのワクチン

混合ワクチンは治療が困難だったり死亡率が高い伝染病の免疫をつけて予防するために行います。
万が一病気に感染してしまってもワクチン接種してない子に比べればはるかに軽症で済みます。
ワクチンは一生効果のあるものではありません、年1回必ず接種しましょう。
(仔犬・仔猫の場合は数回接種)
犬6種混合ワクチン      猫3種混合ワクチン
犬8種混合ワクチン      猫5種混合ワクチン

狂犬病ワクチン

生後90日齢以上のワンちゃんには狂犬病ワクチンの予防接種が法律によって定められています。
(予防接種、市への登録手続きは当院で行えます。)

手術

不妊手術

左右の卵巣と子宮を摘出する手術です。
生後6カ月くらいで手術されることをお勧めします。

メリット
妊娠を防げます。
子宮畜膿症や子宮内膜症、卵巣腫瘍、乳腺腫瘍など生殖器の病気を予防できます。
犬に多い偽妊娠などの発情にともなう体調の変化やストレスから解放されます 。

デメリット
妊娠できなくなります
太りやすくなります

去勢手術

精巣腫瘍や前立腺肥大、肛門周囲腺腫、会陰ヘルニアなどの病気を予防できます。
マーキングやマウンティング、遠吠え、徘徊、他の犬猫とのケンカなどの問題行動を改善できる可能性があります。
望まない妊娠をさせてしまうことを防ぐことができます。
発情にともなう対象の変化やストレスから解放されます。
デメリット
太りやすくなります。
交配できなくなります。

手術は全身麻酔で行いますのでリスクがともないます、リスク軽減のために手術の前には検査を行っています。
全身麻酔では気管挿管にてガス麻酔で行います。
術後まだ麻酔が醒めきっていないときに誤嚥をすると事故になります。
手術前日の12時以降は絶食絶水で当日は胃の中が空の状態で来院ください。

来院時のお願い

ワンちゃん猫ちゃんは不慣れな病院で緊張していて攻撃になったりパニックを起こすことがありますので 、
必ずリードをつけるかケージやネットに入れて連れてきてあげてください。

フィラリアの予防

フィラリア症は蚊によって感染し、ワンちゃんの命にかかわるとても怖い病気です。
蚊は私たちの生活の中で普通に見る生き物でフィラリア症はとても身近ないつ感染してもおかしくない病気なのですが感染や予防の仕組みはあまり知られていないのでは無いでしょうか?
病気の予防を確実にして大切なワンちゃんをフィラリアから守りましょう!

どうしてフィラリアに感染するの?

①【健康なワンちゃん】
蚊が吸血するときにワンちゃんの体内へ感染仔虫が侵入。
皮下・筋肉・血管と移行していき肺動脈・心臓に寄生

②【感染したワンちゃん】
肺動脈や心臓で親虫になり、血液中にミクロフィラリアを生み出す。

③【蚊】
ミクロフィラリアのいる血液を吸血し、
蚊の体内で感染する準備のできた感染仔虫に成長

①に戻る

どうすれば予防できるの?

フィラリア症は月一回の投薬で予防できます。
フィラリアのお薬は飲んでから一か月間効果が続くというわけではありません。一か月前にワンちゃんの体内に入り込んだ少し成長した感染仔虫をまとめて駆除するお薬なので蚊が活動始めた一か月後から蚊を見かけなくなってから一か月後までしっかり予防する必要があります。
蚊は平均気温が15℃以上で吸血すると言われていますので、15℃以下になるまでは予防しましょう。
また一回の注射で一年間効果が持続する予防法もあります。

お薬の前に検査するのはなぜ?

予防する前に、フィラリアが感染していないことを確認するために血液検査が必要です。フィラリアに感染している状態で予防すると副作用が出てくる恐れがあります。
・血中のミクロフィラリアが死滅することで体内に異物があると認識し排除しようとアレルギー反応(アナフィラキシーショック)
・死んだミクロフィラリアが血液に乗り様々なところで塞栓して起こる筋肉痛、発熱、急性腎不全、血液循環不全など・・・・
・お薬が心臓に寄生している成虫に作用すると成虫が死んでしまい大静脈に詰まり大静脈症候群を起こしてしまうことがあり大変危険な状態になります。

ワクチンのお話

混合ワクチンは、治療が困難だったり、死亡率が高い伝染病を免疫をつけて予防する為に行います。万が一病気に感染してしまっても、ワクチン接種をしていない子に比べればはるかに軽傷で済みます。ワクチンは一生効果があるものではありません。年一回必ず接種しましょう。(仔犬、仔猫の場合、初回数回接種)

Q・なぜ仔犬・仔猫は数回接種しないといけないの??

A①
初乳には、お母さんから貰う抗体(移行抗体)が含まれており、様々な感染症から守ってくれますが、生後45日~90日頃で消失してしまいます。移行抗体には個体差がありいつ消失するか予測は困難です。又、移行抗体があるうちに接種をしても効きめが出ません。ですから、生後2か月目・3か月目・4か月目と接種しなければいけないのです。

A②
さらに、初回ワクチン接種による抗体価が減衰する時に2回目のワクチン接種を行うと、初回ワクチン接種よりも抗体価が高く上昇します。(ブースター効果)生後数回の接種によるブースター効果で、仔犬・仔猫に確実な免疫力をつける事が出来ます。

わんちゃんのワクチン

【6種】
ジステンパーウイルス、犬伝染性肝炎、パルボウイルス、パラインフルエンザ、アデノウイルス2型感染症、コロナウイルス感染症

【8種】
ジステンパーウイルス、犬伝染性肝炎、パルボウイルス、パラインフルエンザ、アデノウイルス2型感染症、コロナウイルス感染症、レプトスピラ病黄疸出血熱、レプトスピラ病カニコーラ型

●ダックス系のわんちゃんは副作用がでやすい犬種なので6種のワクチンをお勧めします。

ねこちゃんのワクチン

【3種】
カリシウイルス感染症、ウイルス性鼻気管炎、猫汎白血球減少症

【5種】
カリシウイルス感染症、ウイルス性鼻気管炎、猫汎白血球減少症、クラミジア病、猫白血病ウイルス感染症

●外出する猫ちゃんは5種のワクチンをお勧めします。(初回、すでに白血病ウイルスに感染していないか検査が必要)
●別に猫エイズのワクチンもあります。詳しくは、獣医、又はスタッフまでお問い合わせ下さい。

ワクチン接種時の注意事項

●ワクチンアレルギーを持っている場合は接種前にお申し出ください。
●持病がある・妊娠の可能性がある等がありましたら獣医師にご相談下さい。
●接種後2~3日はシャンプーを控えて下さい。
●接種した日は激しい運動をせず、軽めの散歩にして下さい。

※顔が腫れる、発熱、眼や口周囲の発赤、嘔吐、ふるえ等の副作用が出た場合は、すぐに当院へご連絡下さい。

すぐ対応が出来る様又飼い主さんが副作用に注意を配り観察出切る様、午前中にワクチンを打ちに来院される事をお勧めします。

僧帽弁閉鎖不全症について

僧帽弁閉鎖不全症とは、心臓が肥大化したり僧帽弁が変形を起こしてしまった結果、しっかり僧帽弁(血液の流れを防ぐ働きをする弁)が閉じなくなり全身に送り出されるべき血液の一部が心房内に逆流して起こる病気が僧帽弁閉鎖不全症です。
僧帽弁閉鎖不全症を起こすと血液が肺へと逆流し、血液の循環が悪くなり肺が、うっ血(血液が充満して局所の血液量が増加した状態)して呼吸がうまくできなくなります。
発症する時に主に乾いた咳や呼吸困難などの症状が現れます。
犬の僧帽弁閉鎖不全症は、老齢期の小型犬に多くみられます。

病状の進行について

【ステップ1】
-初期では-
①僧帽弁閉鎖不全症の場合、比較的はっきりとした、わかりやすい逆流性の心雑音が聴取されます。
②レントゲンで心拡大がみられたりします。
③外見上、見た目には症状は認められません。
④この時点から治療を開始することが必要です。
※散歩や歩んでいる時などに元気がないのは、老齢のためだと思いがちですが、心臓が悪い場合もあります。

-どう対応する?-
①過剰な運動は、控えます。
②暑すぎ寒すぎ、また急激な温度変化には注意が必要です。
③心臓に負担になる食物=塩分の高いものは与えてはいけません。
④療法食などの食事療法を始めるのもよいでしょう。
心臓に負担がかかる食べ物ハム、パン、ソーセージ、ジャーキー、チーズ、チキン、味噌汁など

【ステップ2】
-軽度では-
①散歩や興奮時に咳が出たり呼吸が速くなったり、疲れやすいなどの症状がみられます。
②のどに「何かが詰まったような感じ」の咳をします。
③できるだけ早く投薬を開始することが必要です。

-どう対応する?-
①ACE阻害剤(血管を広げて血液を流れやすくし、心臓を楽にさせる)を始めます。
②過度な運動は避け、適度な運動を心掛けます。
③食事療法を行ってください。

【ステップ3】
-中度では-
①軽い運動時に咳が出たり呼吸が悪くなったりします。また運動不耐性や運動能力の低下、さらに元気や食欲がなくなるなどの症状がみられます。
②運動時だけでなく夜間や早朝にも咳が出ることがあります。
③の時期に適切な治療を開始しないと取り返しがつかなくなります。

-どう対応する?-
①ACE阻害剤を使用します。
②咳がひどい場合は、利尿剤(体にたまった余分な水分を取り除き、心室の機能を改善します)冠血管拡張剤(冠動脈を広げ心臓に栄養を与え働きを楽にします)を併用します。
③運動を控え、お散歩も排尿、排便程度の軽いものにします。

【ステップ4】
-重度では-
①日常生活の、わずかな運動でも心不全症状が現れます。
②さらにすすむと安静時でも咳が出ます。
③肺水腫や胸水の続発症として安静時の呼吸困難や失神などがみられます。
④何も治療せずにしておくと死に至ります。

-どう対応する?-
①ACE阻害剤、利尿剤、冠血管拡張剤を併用します。
②場合によって強心剤(心筋収宿力を増強し、弱った心臓の動きを活発にします)を使用することもあります。

慢性腎臓病について

慢性腎臓病とは

慢性的で元に戻ることなく進行していく腎臓の機能低下のことです。
一度壊れてしまった腎臓を元に戻すことはできません。また残っている正常な部分へ壊れてしまった分の負担がかかるため、ある一線を越えると一気に病状が進んでしまいます。しかしながら早期発見とその後の食事管理により、延命が期待できる病気でもあります。

腎臓の役割

☆ホルモンの産生・分泌
赤血球の産生を促すホルモンや、血圧を調整する働きのあるホルモンを産生・分泌しています。

☆老廃物の排泄
腎臓ではタンパク質の分解により生じた老廃物などを尿から排泄するために血液を濾過し、尿のもととなるものを作っています。その際、体にとって不要なものは排泄し、必要なものは再び吸収、そして濃縮して作られた尿を体外へ排泄します。

腎臓病になると

・赤血球の産生を促すホルモンが作られなくなり、貧血になってしまいます。
・腎臓の濃縮機能が衰え、色・臭いの薄い尿が大量に排泄されます。そのため脱水になり、お水をよくのむようになります(多飲多尿)。

⇒このような場合、腎臓の75%はすでに機能していません。
治療・・・残った腎臓の機能をこれ以上悪くしないように点滴をします。脱水の改善、水分のないドロドロの血液をサラサラにします。

その他の症状

食欲不振、嘔吐、体重減少、下痢、毛づやが悪くなる、味の好みがよく変わる、進行すると低体温、口内炎、ケイレン、昏睡状態、尿毒症(体に老廃物がたくさんたまった状態)など

おうちでできること

①飲水量を増やしてあげる
水食器の素材を変えてみる、数を増やす、ドライフードをウェットフードにかえる

②食事管理
腎臓病が見つかった時点から、あるいは高齢の子(特に猫ちゃん)であれば予防的に腎臓用の食事に切り替えてあげましょう。

※ただし
腎臓病の子は食の好みがかわりやすく、食欲不振であることもあり腎臓用の食事をなかなか食べてくれないかもしれません。末期の腎臓病の子では、特に何かを食べてくれることがとても大切です。もし腎臓用の食事を食べないようなら一度動物病院で相談してみましょう。

早期発見・予防のために

慢性腎臓病は年齢とともに増加していきます。15歳以上の猫においては30%以上が慢性腎臓病という報告もあります。早期発見のために7歳以上になったら最低3ヶ月に一回は尿検査をうけましょう。血液検査よりも早期発見が可能で動物にかかる負担・ストレスも少ないです。また、予防のために高齢になったら腎臓を含め、ほかの臓器にも配慮したような食事に切り替えるのもいいでしょう。わんちゃん・ねこちゃんが辛い思いをする前に検査をしてみてはいかがでしょうか。